映写対応サンヤクブルーグレー黒板
映写対応サンヤクブルーグレー黒板

映写とチョークを両立できる。
プロジェクターで直接映せる黒板です。

プロジェクタの映像が映りやすいように、表面に特殊な加工を施してある映写対応黒板です。黒板に直接投影できるので、プロジェクタを使うたびにマグネットスクリーンを貼っていた手間がなくなるほか、投影映像の上にチョークで書き込みもできるようになります。

黒板との比較

チョークの見えやすさとプロジェクター映像の見えやすさのバランスを調整しました。

一般的な黒板
一般的な黒板
映写対応サンヤクブルーグレー黒板
映写対応サンヤクブルーグレー黒板

黒板との性能比較表

一般的な黒板 サンヤクブルーグレー黒板
チョークによる描き心地
チョークの消えやすさ
チョークの見やすさ
投影映像の見やすさ ×
黒板表面の耐久性 △(スチール製) ◎(ホーロー製) ◎(ホーロー製)

【表の判定について】比較した際の感じ方には個人差があります

特徴

丈夫で傷がつきにくい
ホーロー製

一般的に黒板の表面材は「スチール製」と「ホーロー製」があります。ホーロー製はスチール製に比べて表面の耐久性に優れ、チョークの描き心地と消えやすさが長持ちします。

お手入れが簡単
水拭き対応

一般的な黒板と同様に、掃除の際に水拭きしても問題ありません。黒板消しでの清掃に加え、定期的に水拭きをすることで、表面が滑らかになり、書き消しのし易さが持続します。

ブルーグレー色の理由

青色は、陸上のトラックやテニスコートなどにも使われており、鎮静効果をもたらしリラックスできる色と言われています。また、アンケートによると小学生に聞いた一番好きな色の第1位が「青色」だそうです。教室空間に癒しを、授業により集中力を、そして、黒板により一層親しみを持って欲しいという想いから、ブルーグレー黒板は生まれました。

授業でプロジェクターを使う機会が増えている現在、多くの学校・自治体で「映写対応黒板」が選ばれています。

教育ICTが普及してきている昨今、授業においてプロジェクターが使われることが多くなりましたが、プロジェクターを使用する度にマグネットスクリーンを貼るのが手間だという声が多くありました。

映写対応黒板であれば、マグネットスクリーンを貼る手間を軽減できるほか、投影映像の上にチョークで書き込みを行いながら授業が行えるとのことで、今、教育ICTを取り入れている多くの学校で導入が進んでいます。

授業でプロジェクターを使う機会が増えている現在、多くの学校・自治体で「映写対応黒板」が選ばれています。

貼替工事なら、
費用を抑えて導入できます。

既存の黒板枠はそのままに、枠の中の表面材だけを新しくする「貼替工事」にも対応しています。黒板全体を交換するよりもお手頃価格で施工ができ、工事にかかる時間も少ないおすすめのプランです。

貼替工事なら、費用を抑えて導入できます。

ウルトラワイド超短焦点プロジェクター
「ワイード」との組み合わせがおすすめです。

映写対応サンヤクブルーグレー黒板と、黒板ぜんぶに投影できる、ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」は相性が抜群!今、多くの自治体・学校で導入が進んでいます。

ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」との組み合わせがおすすめです。
【導入事例】東海大学付属相模高等学校中等部様
2016年9月、中等部3学年の全教室で、既存黒板から映写対応サンヤクブルーグレー黒板への貼替工事と、ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」の導入がされました。

ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」とは

ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」

最大140インチ投影!学校の黒板にぴったりな超大型提示装置「ワイード」デジタルスライド機能で、授業に合わせて画面を左右にスライド移動。レーザー光源により約20,000時間の光源寿命を実現。これまでにないワイドなプロジェクターが、学びの可能性を広げていきます。

カタログ

映写対応サンヤクブルーグレー黒板

映写対応サンヤクブルーグレー黒板

黒板に直接映しても、きれいに見える。プロジェクターの映像が映りやすいように、表面に特殊な加工を施してある映写対応黒板です。黒板に映像を直接投影できるので、これまでのプロジェクターを使うたびにマグネットスクリーンを貼っていた手間がなくなります。

PDFダウンロード

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-144-556

受付: 平日8:00~17:00(土日祝は休み)

webフォームでのお問い合わせ

受付: 24時間受付中(返信は業務時間内)

映写対応サンヤクブルーグレー黒板

ページのトップへ戻る