ウルトラワイドプロジェクター「ワイード」
学校でワイードのデモをさせていただきます!お申込はこちら
ワイードソフトウェアロゴ

ワイードでできることを増やす。
ワイードをもっとワイドにする専用ソフトウェアです。

ワイードソフトウェアイメージ

ペンツールで書き込む。方眼や英語の罫線を黒板いっぱいに表示する。画面をならべて比較する…
「ワイードソフトウェア」で、ワイードはもっと便利になります。

ワイードソフトウェアのダウンロード

ワイードソフトウェアでできること

必要動作環境

ワイード対応機種

SP-UW4000 / SP-UW360iR

対応OS

Windows: Windows 10(64bit版・32bit版) / Windows 8.1(64bit版・32bit版)
※Windows 11での動作は対応していません

Mac: 対応していません

CPUIntel CoreTM i3 またはそれ以上
メモリ2GB またはそれ以上
ハードディスク必要空き容量5MB 以上

ダウンロード

ワイードソフトウェアは、ワイードをご購入いただいた方であれば無料でご使用いただけます。ダウンロードするにはお申し込みが必要です。以下の申込フォームよりお申し込みください。

ワイードソフトウェアのインストール手順と使い方につきましては、ワイードソフトウェアユーザーマニュアル(PDF)をご参照ください。

更新履歴

2020年7月1日 ワイードソフトウェア v1.2.1
2019年11月27日 ワイードソフトウェア v1.1
  • 「画面サイズ変更」機能追加
  • 「遠隔授業(外部Web会議サービス「Zoom」と連携)」機能追加
  • Windows 10 バージョン1809で使用した際にPCが極端に重くなる不具合を修正
  • 一部の環境で、ペンツールでの書き込みが極端に重くなる不具合を修正
  • 動作の安定性向上
2018年6月1日 ワイードソフトウェア v1.0
  • 公開

ワイードソフトウェアに関する
よくある質問

警告メッセージが出てインストールができない場合

ワイードソフトウェアのインストールの際に、以下の警告メッセージが出てインストールを進めることができない場合は、ワイードソフトウェアのインストールの際に、警告メッセージが出た場合の対処法(PDF)に従ってインストールを進めてください。

警告メッセージ

Microsoft PowerPointのスライドショー時のワイードソフトウェアの挙動について

Microsoft PowerPointでスライドショーを開始すると、ワイードソフトウェアのアイコンを非表示にする仕様にしています。これは、スライドショー時に、ワイードソフトウェアの「ペン機能」とMicrosoft PowerPointの「ペン機能」が共存することによる使用者の混乱を防ぐためです。

Microsoft PowerPointのスライドショーの際は、スライドの画面左下にありますMicrosoft PowerPointのペン機能をご使用ください。また、スライドショー時にMicrosoft PowerPointのペン機能を使うことには、以下のメリットがあります。

  • スライド毎に書き込みが行え、ページを移動しても書き込みが維持される
  • 書き込んだ内容を含めてPowerPointファイルとして保存が可能
  • 書き込んだ線はPowerPointのオブジェクトとして扱われるので、後から色や太さの編集が可能
ワイード導入事例募集中! 〜皆様の声を聞かせてください〜