お知らせ
2022年5月9日

【今週開催!】学校のICT担当者様必見のEDIX東京で、ワイード プラスや初公開の電子黒板を体験できます


学校のICT担当者様必見のEDIX東京で、ワイード プラスや初公開の電子黒板を体験できます

2022年5月11日(水)〜13日(金)に東京ビッグサイトで行われる「第13回教育ITソリューション EXPO」(教育総合展内/通称:EDIX)に出展いたします。
サカワ製品や導入事例に関する疑問点、見積・ご購入に関するご相談がありましたら、この3日間にぜひご来場ください。製品の導入をお助けするICT機器のプロがお待ちしております。

来場のご案内

展示会名称第13回教育ITソリューション EXPO(教育総合展内/通称:EDIX)
会期2022年5月11日(水)10:00~18:00
2022年5月12日(木)10:00~18:00
2022年5月13日(金)10:00~17:00
会場東京ビッグサイト(西4ホール)
サカワ小間番号18-38
URLご入場の際は招待券が必要です。こちらのEDIX公式Webサイトから電子版の招待券をお申し込み頂けます(無料)
概要大学、小・中・高校、教育委員会、塾・予備校、専門学校などの職員、教員が来場する教育分野日本最大のICT総合展です。

サカワブースの主な出展物

ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード プラス」

黒板・ホワイトボードの大画面を生かした授業の事例多数。累計4,300台の導入を突破した教育用プロジェクターです。
黒板やホワイトボードに直接映像を映して授業をするとき、重要だと言われる要素が、大きさと明るさです。「ワイード プラス」は、黒板いっぱいのサイズで投影できる、明るさ4000ルーメンの教育用プロジェクターですので、データ資料・映像資料などを多く扱うようになった近年の教育現場との親和性が高くなっております。

■さらに便利になります

今後、ワイード プラスに標準搭載される予定の教材作成支援ブラウザアプリでは、「16:6」または「16:9」比率のテンプレートを選ぶことができ、OS問わずにクラウドでオリジナル教材を生み出せます。

【初公開】黒板・テレビ型電子黒板一体型製品

画面に直接チョークで書けるテレビ型電子黒板」と「黒板」が組み合わさった製品を参考展示します。中央に電子黒板、左右に黒板。黒板と電子黒板をシームレスに切り替えられます。


そのほか、ワイード プラスと相性の良い黒板とホワイトボードも展示。実際の使用環境(教室他)で快適にお使いいただくためにも、プロジェクター等の実物を見て納得いただいてから、導入へと進むケースがほとんどですので、お気軽にご相談ください。

それでは、東京ビッグサイトにてお待ちしております!
関西にお住まいの方は、6月15日(水)〜17日(金)に大阪で開催されるEDIXへのご来場をご検討ください(展示物は調整中です)。

展示会に出展し続けている理由をまとめました

これまで12年間、展示会に出展してきて得た見識や思いをざっくばらんに綴りました。興味がございましたら、併せてご覧ください!

百年黒板屋四代目の奮闘記「展示会への出展は本当にメリットがあるのか。ノウハウを公開」

・成功と失敗を元に「展示会って本当に効果があるの?」「どうすれば効果が出るの?」というに疑問に切り込んでいければと思います。

・結論から言うと、ポイントさえしっかり押さえておけば、メリットがあり、大きな効果があります。

一部抜粋